片面レンダリング:トゥーン編
トゥーンレンダリングは通常、反射像には輪郭を付けられませんが

法線方向に少し拡大した複製形状に黒塗り材質(特殊材質の「2Dマスク1」を使用)

を片面で割り当て、元形状と同位置に置いたまま面反転させる事で

反射像にも輪郭を付ける事ができます。
通常のトゥーン
形状輪郭によるトゥーン
通常よりも球の表面が暗くなったのは、

大理石材質に含まれる反射成分が覆っている黒塗り材質を映しこんだからです。

(逆手に取ってトゥーンの明度調節に利用できます)